10月はししゃもの国

10月は道内各地でししゃも漁が解禁される時期。弊社では毎年むかわ町のししゃもを扱っています。
むかわ町といえば、世界唯一のししゃもブランド「鵡川ししゃも」で知られ、ししゃもを「町魚」と定める、まさにししゃもの町。ししゃも豊漁を祈願するアイヌの儀式、「シシャモカムイノミ」を継承し毎年執り行っている町でもあります。
かつて秋には遡上するししゃもで川が真っ黒になったとも言われる鵡川の、弊社がかねてよりお世話になっております「丸中桝岡水産」は、昭和30年台に初めて東京築地にししゃもを持ち込み、道内でしか知られることのなかったししゃもを全国に紹介したという老舗中の老舗です。品質を最優先に考えて、技術・設備上はできるはずの周年加工を一切行わず、限られた製造量をわずかな業者に卸すという、鵡川でも最高のこだわりを持ったメーカーです。
世界中を探しても北海道でしか漁獲できない「本ししゃも」こそ、まさに北海道ならではの秋の味覚。鮭と比べるといまいち小さく扱われがちな存在ですが、「普段カラフトシシャモくらいしか食べない」という皆さまも、たまには「本ししゃも」を召し上がってみられませんか。その美味しさに驚かれること請け合いです!