海産物・農産物情報一覧

北海道産地直送センター ホーム > 海産物・農産物情報一覧 > 「平成新函館漬」松前漬の最終決定版を目指して

海産物・農産物情報一覧

2018.01.25 「平成新函館漬」松前漬の最終決定版を目指して

実は弊社グループ、わずかながらオリジナルブランド商品も販売しております。
そのうちのひとつが、『平成新函館漬』シリーズ。
この『平成新函館漬』、どういう代物かと申しますと、数の子、イカ、昆布を醤油で漬け込みました、要するに皆さんお馴染みの松前漬けとなっております。
「松前漬なんか、別にわざわざあなたたちが作らなくても世の中にいくらでも有りふれているじゃないか」そうお思いの皆さんは、弊社のことをあまりよくご存じない。弊社があえて月並みなお品を皆さまのお口にお届けしたいなどと思うはずがないではありませんか。

この『平成新函館漬』には二種類のヴァリエーションがございまして、そのうち特に面白いのは『刺身いか』タイプでしょうか。これはその名の通り、通常の松前漬けが干したスルメを用いるところ、そのかわりに釣りたての真いかを船内で急速冷凍した、お刺身品質の新鮮な真いかをそのまま使っています。大きめに切った真いかがゴロゴロ入っているので見た目にも贅沢で、味と食感も非常にいい。
もうひとつのヴァリエーション『数の子仕立て』の方は、最高Aランクのオランダ産の一本羽の数の子だけを用いています。最近テレビで話題の、バラバラになった数の子を型に嵌めて綺麗な見た目に成形した加工数の子ではなく、本来であればおせちなどに適した品質の、本物の一本羽数の子です。ただひとつ申し上げておかなくてはいけないことには、この上なく残念なことに、松前漬けに加工してパックに詰め、解凍して皆さまがお召し上がりになる頃には、やはり多少は形が崩れてしまうのですが。漬けるその時までは綺麗な、綺麗な数の子だったんですが……。これは将来の課題です。

そして『刺身いか』『数の子仕立て』のどちらをとっても、昆布には最高級品種とされる『真昆布』『がごめ昆布』の1級品のみを厳選使用しています。松前漬のような加工食品には3~4等級品の昆布を使用するのが業界の慣例となっていますが、そんな慣例など食に対する探究心の前では無力というものです。
また、ほとんどの松前漬には食品添加物である「増粘剤」が、実に内容量の10~15%にも及ぶほど大量に使用されているものですが、『新函館漬』はこれを一切使用しておりません。昆布から出る自然な粘りだけで松前漬らしい食感を実現しています。

そしてせっかくの高級食材の味を殺さないよう、調味料の使用は最小限に留め、素材本来の味わいをお楽しみいただけるよう配慮しております。どうです、このような松前漬なら開発する意義があるというものでしょう? そんじょそこらで味わえるような品質ではありません。

弊社はいつでも美味しい食品のお届けに全力投球。これからも皆様によりすばらしい食品をお届けできますよう、商品開発にも邁進してまいります。このご紹介を読んで「一体どんな味がするのか、一度食べてみたい」とお思いの皆さまはどうぞご連絡ください。お値段の方もかなり抑えております。

  • 数奇屋造りの大人の隠れ宿 白金温泉郷 森の旅亭びえい
  • 海の旅亭おきなわ名嘉真荘
  • 社団法人 美瑛町観光協会